園で多い幼児の悩み その原因は足にあり!?①【親子で納得足育知識】

ママの悩み

「 イライラしてる」「ボーっとしてる」園児のメンタル面の悩みは足に問題あり!?

前回、足育を取り入れている園があるというお話をお伝えしました。

日本にまだ3つ⁉ 足育を取り入れている園の話【親子で納得足育知識】

2020.10.09

新潟県の中で足育を取り入れている3件の幼稚園・保育園・こども園では、足育先生の協力の元、子どもたちのより良い足環境を作っていく取り組みをしているのですが、そうした中で足育先生は、園児たちの保護者の皆さんに『悩み事』をお伺いするようにしています。

  • 転びやすい
  • 靴を脱ぎたがる

と言った、原因が足である……ということがわかりやすい悩みから、

  • 我慢ができない
  • イライラしがち

といった、一見足が関係ないように思われる悩みまで数多く寄せられてきます。

ですがこうした悩みには必ず原因があるもの。

これから3回に分けて、園児に多い悩みと、その理由と解決方法などをお伝えさせていただきます。

まず、1回目は「精神的なお悩み」について!!

①我慢ができない

イヤイヤ期

子どもというのは元々、我慢や抑制を司る前頭葉の働きがまだ発達しておらず、大人よりもはるかに「我慢」というものができないもの。

ですが、「あと少しだけおやつを待とうね」「前におもちゃを買ったから今日はまたにしようね」と言っても、大泣きされて、時は地べたに寝ころび駄々をこねられる……。
そうした我慢の無さは親御さんとしても辛いところではないでしょうか。

実は、この我慢ができない子……というのはきつい靴を履かされて、足の指がギューっとかぎのような状態になっている場合が多々あります。

ハンマートゥーとも呼ばれるこの状態。

大人でも足の指をギューっと曲げて力を入れていたら、立つこともままならないし、体全体に力が入ってつむじまで固くなってしまいませんか?

ただでさえ我慢ということが苦手な子どもに、窮屈な靴を履かせていた場合、リラックスする時間が少なくて子どもも是が非でも自分の勝手を通したくなってしまうのかもしれません。

②イライラしがち

イライラ

我慢ができない……というお悩みと同じような問題で、「イライラしていることが多い」ということもあります。

子どもが不機嫌になるということは、お腹が空いていたり、眠かったり、体調が悪いということもありますが、それと同じように、やはり靴が窮屈であったり、逆に緩すぎて足指をギュッと絞めていないと歩く事すらできないというストレスから来ていることもあります。

足に力を入れる=全身に力を入れることとなりますので、その状態が長時間続けば、自律神経も交感神経にシフトしがち。

交感神経は緊張へのシフトなので、少しでも副交感神経、つまりリラックスして過ごせる時が多くなるように、子どもの靴を見直してあげるのもよいでしょう。

③ぼーっとしていることが多い

ボーっとしている

イライラしたり、駄々をこねたりする……ということとは逆のように見えますが、ぼーっとしていることの多い子も、親御さんにとっては心配の元。

眠くなってぼーっとしているときなどあくびをするかと思いますが、それは酸欠になった脳が酸素を取り込もうとしている反射的な行動なのですが、ぼーっとしているとういことは脳へ酸素や、酸素を運ぶ血流が回っていないということなのです。

これは、足が扁平足な子どもに多いのですが、猫背になってしまい、首が前に出て口呼吸になってしまうことから、首や肩の循環が滞ってしまい、脳への酸素が不足してしまうことから起こります。

もちろん、扁平足になるというのも、靴や歩行量の問題ではあるのですが、こうした精神面での問題の多くは、実は足から来ていることが多いということが、お分かりいただけるかと思います。

次回のお悩みは……?

次回は転ぶ・歩きかたがおかしい等の足元にまつわる悩みについて、お答えしたいと思います。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

ママの悩み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。