日本にまだ3つ⁉ 足育を取り入れている園の話【親子で納得足育知識】

幼稚園

まだまだ少ない幼稚園・保育園・子ども園での足育

幼少期から当たり前のように足のことを考えた教育を心がけているヨーロッパ諸国に比べ、日本では幼稚園、保育園・こども園で足育を取り入れている所はほとんどありません。

ですが、足育先生の住む新潟では今、3件の園が足育に力を入れているのです。

園での足育とはどのようなことをするのか?

足育を取り入れたことによって、子どもたちにどのような影響がでたのか?

親御さんたちの悩みがどれくらい解決されていったのか?

これからの足育についてなど、これから幼稚園・保育園で取り入れた足育についてお伝えしていっていきたいと思います。

なぜ園教育に足育が必要なのか

足育先生のいる新潟県では下越に2件、上越に1件の園が足育を取り入れています。

もちろん、幼稚園保育園は3件どころではなく、新潟県では約950件の幼稚園・保育園があります。(こども園は不明)

参考⇒新潟県の保育園

参考⇒新潟県幼稚園一覧(Wikipedia)

もちろん、どこかには足育を取り入れている園もあるかもしれませんが、確信をもって足育を取り入れているとわかる園がたった3件だと思うと……ちょっと残念な感じがしませんか?

足育にとって一番大切な時期は3歳~6歳。

この時期で一生の足の状態が決まるといっても過言ではないくらい。

もちろん、小学校に上がってからでもインソールや靴などで状態を良くしていくことは可能ですが、それよりも3歳からしっかりと合う靴、正しい履き方、歩行量の確保などを行い、良い状態で成長していくほうがベスト。

この3~6歳というのは、日本では多くが園に通う時期。

とくに日中、運動したり歩いたりといった時間に園にいるため、園での足育がとても重要になってくるのです。

足育先生はそうした点に着目し、園での足育講演会や先生たちとの勉強会などを開き、新潟に限らず日本全国の多くの園で足育を取り入れることを目標としています。

講演会

※先生方に足育について講演する足育先生※

因みに、新潟にあるとある足育を取り入れている園は、モデル園として要望があったほど!!

これからどんどん足育が広まり、園ではお昼寝TIMEと同じくらい、当たり前に足育を取り入れているようになってもらったらと思います。

園で足育を取り入れると――!?

このように、園で足育を取り入れた際、親御さんたちから悩み事をお伺いするのですが、実はその悩みの9割は足にまつわること、足の状態を良くしていけば改善されることばかりだったのです!!

足育というのは足の状態をより良い環境にし、子どもたちの健やかな成長を促すものなのですが、足育を取り入れたことによって悩みごとの多くは改善されていくのです。

では、その悩みとは――?

次回は、幼児を見守るお父さんお母さんあるあるの悩みを、足育で解決していくお話を3回に分けてお伝えします。

もしかすると、今悩んでいる我が子の問題も、そこに書かれているかも……しれませんよ!!

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス 販売ページ

幼稚園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。