【足育とスポーツ】足育は『ただ歩きやすくするためだけに非ず』【親子で納得足育知識】

テニス

親子で知りたい足育の知識:足育とスポーツの実際にあった話

足育と言うと、「子どもの足を扁平足にさせないため」「将来的に腰痛や猫背にさせないため」「健やかな成長のためのもの」というイメージを抱く方も多くいます。

もちろん、そういった考えは決して間違いではなく、足育を0歳から考えることによって、子どもが成長し大人になって、親になっていく間、より健康に、より元気に毎日を過ごすための土台を作る手伝いができるということです。

ですが、『スポーツ』という分野においては足育は絶対になくてはならない存在なのです。

私たち靴の専門家の元にも、スポーツをしているから……それも、ただの習い事や友達同士のお遊びというレベルではなく、本気の、人生をかけたスポーツをしている方が「もっと記録を伸ばせないか」「こうした足の不調がありパフォーマンスに影響が出る」といった内容で相談してくることが多々あります。

それは、大人のスポーツマンの方もいれば、成長期真っ只中のお子さんのこともあり――――。

バドミントン全国大会3位の子のケースから考える足育

バドミントン

先日、足育先生の元に、バドミントン全国大会3位になった小学生が来ました。

その子は3歳くらいからバドミントンを始めたそうで、やはり同じ年頃の子、特に小さいうちは何の運動もしていなかった子に比べて骨格がしっかりとしていました。

もちろん、土踏まずもしっかりしていて、足の専門家が一目見ただけで「あ、この子の足(脚)は活躍できる足だな」とすぐにわかります。

子どもの足育にとって3~6歳というのは最も大切な時期と言っても過言ではありません。

その時、いかに歩行量を多く取るかが今後の足育……強いては運動能力を左右すると言ってもよいくらいなのですが、その時期にスポーツを習わせているということは、必然的に歩行量が増えるため、小学校上がって、例え違うスポーツに鞍替えしたとしても安定して活躍できるような足の軸ができているということなのです。

もちろん、子どもが大泣きして嫌がるような無理強いはさせてはいけませんし、たまにある子どもの睡眠時間を削らせてまでオリンピックに行かせるための練習をさせるなんてことは、もはや虐待になってしまいますが、楽しくシャトルを打ち合う。柔らかいボールを使ってバレーボールの真似事をさせる。飛んでくるピンポン球をラケットに当てるといった、遊びに近い事からさせてくれるような教室なんてたくさんありますので、そうしたところでまずは「足育」に必要な歩行量をどんどん稼いでいきましょう。

スポーツの習い事は2種類がおすすめ

クロストレーニング

ちなみに、今現在活躍している多くのアスリートたちは、遠くから見ている分には「生まれてからずっとこのスポーツしかしてこなかったんだろうな」と思ってしまうかもしれません。

ですが、例えばバスケットの神様マイケル・ジョーダンはバスケットをする前は野球をしていましたし、野球の大谷翔平選手は子どものころから水泳をやっていて、そのおかげで肩を壊さない柔軟性を得たとも言っています。

2つ以上のスポーツを行うことをクロストレーニングといい、アメリカ等「効率的なトレーニング」を重視するスポーツの強い国では今では当たり前のこととして取り入れています。

ですので、もし、子どもを「サッカー選手にさせたい」「卓球選手にさせたい」と思ったとしても、一つだけを習わせるのではなく、もう一つ別に、体操をさせてみたり、水泳をさせてみたり……と、その競技とは全く別のスポーツもやらせてみると良いでしょう。

参考⇒多様な運動連鎖の大切さ – 才能開花を目指すなら2つ以上のスポーツを経験させよ!【fitnessonline】

スポーツ以外の習い事をさせたい時でも運動は必要

運動会

『習い事としてスポーツをさせる』というという時にネックなのは「うちの子どもにはピアノを習わせるので、指を怪我する可能性のあるスポーツはさせない」という考えを持つ親御さんもいるということ。

とある方のお話ですが、親御さんが将来的に音大に行かせようと3歳のころからピアノを習わせていたため、指を怪我してはいけないと一切の運動を禁じられていた子どもがいました。

ですが、結局音楽の道には行かず、幼少期の運動量の少なさから三十路をすぎてからあちらこちらに不調が発生し、医師には「どうして若いころに運動しなかったんだ!」と怒られてしまったという話があります。

せっかくの親の善意もこうなってしまっては元も子もありません。

もちろん、音楽や学問など運動以外の教育というものもとても大切なもの。

ですが、元来人間というのは狩りをしたり、走り回ったり、畑で収穫物を取ったりということをメインとして生活してきましたので「運動」というのは生命維持のためにも欠かせないものとして人間は作られています。

ピアノを習うのであれば、指の怪我の可能性の少ない水泳も習わせてみるとか、英語教室に通わせるらなら将来英語ができればさらに活躍できるサッカーや野球も習わせてみるなど、1つだけでもよいので運動ができる習い事をさせてあげることをお勧めします。

まとめ

  • 運動ができる子は足がしっかりしている
  • 足をしっかりさせるためにも3~4歳からスポーツの習い事を
  • スポーツは1つだけではなく2種類以上のスポーツで色々な動きを体験させてあげよう
  • インドアな習い事をさせる場合でも運動の場は確保してあげよう
  • 幼少期のスポーツ教室で将来の幅が広がる!!

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

テニス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。