【足育とスポーツ】きつい靴を履くスポーツの弊害【親子で納得足育知識】

サッカーする子

親子で知りたい足育の知識:きつい靴を履くスポーツって? それによる弊害も!?

裸足でやるスポーツなどを除き、大抵のスポーツは靴が重要なポジションにあります。

それゆえに、スポーツタイプの靴はぴったり、少しきつめのものを選んでしまうことが多いのですが、それによる弊害も……!!

きつい靴を履くことによる弊害とは!?

スポーツ時はどういう靴を選べばよいのかなどお伝えします。

サッカーなどは余裕のない靴を好みがち

サッカー

サッカーや卓球、スケート等は窮屈な靴の方が動きやすいため(特にスケートは足首をギュッと絞めることを推奨されていますね)、子どもが履く物であっても、余裕のないスポーツシューズ(スパイク)を選びがちです。

ですが、本来1センチ~5ミリくらいの余裕を理想としている靴が、5ミリ以下の余裕しかなかった場合、蹴り出しの際に人間の足は2ミリくらい伸びてしまうため、3ミリほどの余裕しかなくなってしまいます。

いえ、まだ余裕があるうちは良いのですが、足が成長して5ミリ以下の余裕になったら……もうそれは窮屈な状態になったと同じ事。

窮屈な状態で走ったり、ボールを蹴った場合、一点に力が集中してしまい、関節に負荷がずっとかかってしまい、成長痛につながってしまうこともあります。

怪我につながることも

転ぶ

成長痛の他にも、指の変形や爪が割れてしまうといった、足先の問題。

膝を傷めたり、躓いて転びやすかったり、場合によっては捻挫なんてこともあり得ます。

折角パフォーマンスを上げようと選んだ靴で、体を傷つけてしまっては元も子もありません。

成長痛や、足につながる怪我をした場合、まずは足の専門家に相談し、靴の見直しや交換タイミングの指導、紐などの締め方などを聞いてみると良いでしょう。

また、足の機能面についても、足指の変形が見られる場合は、足指の体操やマッサージ、サポートの使用などを実行することをおすすめします。

場合によっては、インソールを入れて骨格を改善していくことも大切でしょう。

子どもの時は成長優先で

親子の足

目先の順位、タイム、パフォーマンスを優先したいあまりに、ちょっと見逃しがちになってしまう靴のこと。

ですが、今、子どもは成長している真っ最中。

合わない靴を履かせて、足に負荷がかかった状態でスポーツした子は疲れやすくなってしまいます。

もちろん、骨格が歪んでしまったり、筋肉の付き方が片寄ったりしかねません。

まず、子どもの時は成長優先にして、「正しくその子に合った靴」を履かせてあげるようにし、しっかりと紐を絞めて運動させるようにしてみましょう。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

サッカーする子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。