【足育とスポーツ】子どもをアスリートに育てる可能性を【親子で納得足育知識】

縄跳び

親子で知りたい足育の知識:足育で子どもの可能性を大きく広げよう

「子どもは元気に、悪いこともせず、ただ健康に成長してくれるだけでいい」

という願う親御さんもいますし、

「将来私と同じスポーツで活躍してほしい」

と、願う親御さんなど、それこそ親御さんの数だけ子どもへの希望もあるのではないかと思います。

ですが、「ただ健康に育ってくれればいい」という願いから、「アスリートとして活躍させたい」という願いまで、実は『足育』が重要なポイントを占めています。

子どもの可能性を広げるためも、子どもが将来アスリートとなる未来を選択できるようになるためにも、大切な足育についてお伝えします。

将来の目標に『スポーツの可能性』を入れるなら……

ボルタリング

人間の運動神経系の完成は何歳だと思いますか?

実は、人間の運動神経は6歳で全体の約80%が出来上がってしまいます。

「6歳なんてまだ何もできない年頃」

そう思われるかもしれませんが、もう体の基礎が出来上がってしまうのが6歳なのです。

ですから、運動をさせるなら実は3歳からがベスト。

卓球の愛ちゃんや、イチロー選手は3歳になると、もうラケットやバッドを持たせて、遊びのように運動をさせていました。

そしてあの錦織選手はなんと、生後1年からスイミングスクールに通わせていたというから、驚き!!

みんな、その頃は泣いて嫌がるのを無理矢理……というのではなく、楽しくて仕方がなさそうなのでやらせていたとうい感じだったそうですが、それが今につながっているのかもしれません。

「うちはお金がないから習い事なんて無理」「うちは時間がないからスポーツクラブに通わせられない」という場合でも、公園で遊んだり、一緒に森を歩いたり、河原でボール遊びをしたり……と手は色々あるのではないでしょうか。

地域によっては、おじいちゃん、おばあちゃんと雪かきをしたり、動くということはスポーツだけに限りません。

子どもは歩く事が仕事。

スマホを与えてずっと家にいるばかりでは、将来のアスリートという可能性どころか、健やかに育つという可能性も低くなってしまうので、ぜひ、子どもは3歳頃から歩かせたり、運動させたりさせてあげましょう。

「健やかに」育つためにも……

遊ぶ子供

「運動が大切」と一言で言っても、そこには「しっかりと合った靴を履かせている」ということが大前提。

もし、合わないキツキツの靴を履かせていたら、子どもは痛がったり気持ち悪るがったりして歩きませんし、足も変形してしまいます。

逆に緩い靴を履かせてしまうと、すぐに疲れて歩かなくなったり、歩き方がおかしくなるため、筋肉の付き方がおかしくなる可能性もあります。

運動をさせるためにも、正しい靴を正しい履き方で。

これを大前提に、お子様に健やかな運動生活を促してあげると良いでしょう。

可能性を広げよう

子どもの夢

「将来何になりたい?」

そう言われた時に「ボクは足が遅いからサッカー選手は向いていないので……」「私は運動神経悪いから、普通の仕事かな」そんな風に子どもに言わせてしまうのは酷なこと。

3歳の頃から運動をさせて、正しい靴を履かせて、足育に気を付けていると、学校の先生やパテシエ、YouTuberや学者といった仕事の他にも、アスリート(運動選手)を選べる可能性も見出せます。

また、運動の仕事=アスリートだけではありません。

消防士や警察、はてはアイドルだって踊れたりしないと難しいのですから、運動能力はあるに越したことはないのです。

ぜひ、子どもたちの可能性を広げるためにも、3歳からの運動や足育を心がけてみましょう。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

縄跳び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。