0歳からでも足育オンラインカウンセリングで不安解消

赤ちゃん足

より良いスタートを切るために0歳から始める足育相談

初めての育児はわからないことばかり。

もちろん、もし第二子、第三子だったとしても、個性や体つきはそれぞれで、初めての子どもと同じようなんて……できるわけがありません。

そんな育児の負担や不安を少しでも解決させるべく、せめて足のことだけは私たち、足の専門家にお任せいただけるよう『オンラインカウンセリング』を開始いたしました。

「え? 0歳から足育なんて必要なの?」

「うちの子は産まれたばかりだから、カウンセリングなんて必要ないわ」

そんな声が聞こえてきそうですが……いえいえ、それは違います!!

ハイハイから始まる足育

足育は、『ハイハイ』が始まったときからスタートします。

ハイハイの量はどれくらいだったか、ハイハイの期間はどれくらいだったか。

それによって、ファーストシューズのおすすめもかわりますし、セカンド、サードシューズのアドバイスもそれぞれ異なったものになっていきます。

早く立てればよいという訳ではないし、ずっとハイハイでも問題。
私たち人間の構造はとても複雑で、それ故に、赤ちゃんのサポートには体のことは小児科医が、心のことは保健師などがサポートするようにと、それぞれの専門家が支えて、お父さん、お母さんの負担を少しでも軽減させられるようになっているのです。

もちろん、そうなれば足だって専門家に相談した方が安心!!

この先、80年以上生きる子どものために、そして、今を生きるお母さん・お父さんの不安を少しでも解消できるよう、足育……足のことに関するアドバイスをスマホを介して受けられるよう、私たち足の専門家はンラインカウンセリングサービスを設けています。

どんな相談ができるの?

幼児の相談として……。

  • ファーストシューズはどのようなものがいいのか?
  • 歩行は問題ないだろうか?
  • ハイハイの期間は短かっただろうか?
  • O脚ではないだろうか?
  • X脚っぽいけど、これは問題の無い範囲か?
  • すぐに抱っこと言って歩いてくれない
  • 靴を履きたがらない

など、多種多様なご相談をお伺いしています。

「まだ本格的に歩いているわけではないし……」とためらってしまっている方も多いのですが、本格的に歩くようになってからでは遅いのが足育。

特に、日本ではまだ現代の環境に適した理想的なベビーシューズトシューズというものが、あまり出回っていないのも事実。

合わない靴を柔らかい赤ちゃんの足に履かせて、変形させてしまう前に、ぜひ、スマホ一つで専門家と相談できるオンラインカウンセリングをご利用ください。

やり方は?

足育オンラインカウンセリングの詳しいやり方はこちらでご覧頂けます。

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

スマホ越しに足を見せてもらうので、まだ立ち歩きのできない乳幼児のご相談でも簡単にできます。

ただでさえ、おしめの交換、ミルクやお風呂と大忙しで、あちらこちらに気が回らなくなってしまう時期。

足のことくらいは専門家にお任せして、肩の荷をほんの少しでも降ろしてもらえれば光栄です。

もちろん、大人の足の相談もお受けできますので、この機会に自分のことは二の次になってしまいがちなお父さん、お母さんの足の相談もしてみてもよいのではないでしょうか!

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

赤ちゃん足

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。