正しい靴の履き方で靴の効果を倍増させよう【靴で変わる運動能力シリーズ】

靴の履き方

ただ履くだけではもったいない! 靴の正しい履き方をレクチャーします

【靴で変わる運動能力シリーズ】をご覧いただいている親御さんは、どのような靴が子どもにとって最適なのか、もうすでにご理解いただけているかと思います。

  1. カウンターの固いしっかりとかかとを支えられる靴
  2. 履き口が狭く、絞めた状態で履き口に指が1本も入らない靴
  3. ダブルマジックの靴(できたらマジックの調整部分にリングが付いているとなおよし)
  4. 足の一番長い指から靴のつま先まで1センチの隙間があるサイズ

この4つを基本として満たしている靴が、子どもの運動能力を上げるためにも、足育にとっても理想的な靴ということを、今までお伝えしてきました。

もちろん、この条件を満たしている靴ならば、合わない靴や見た目だけの靴を履くよりも、ずっと足の成長にも良く、足が速くなったり、歩くことを好きになってくれたりするのですが、ただ履くだけではその効果は90%。

ですが、正しい靴を、正しい履き方で履くことによって、足育効果が120%にもなるのです。

今回は、【靴で変わる運動能力シリーズ】の応用編として、正しい靴の履き方をお伝えしたいと思います。

①かかとトントン

靴を履く時に一番初めにやることは、「かかとトントン」

かかとトントン

靴を合わせる時に重要な場所は「かかと」。

ですので、靴を履いたらかかとを「トントン」と地面に当てる、もしくは小さなお子さんの場合は、親御さんが手でかかとをトントンとしてあげて、かかとと靴の固い部分をフィットさせてあげましょう。

よくあるのが、かかとではなく「つま先トントン」をしてしまうパターン。

これは、かかととは正反対の場所です。

つま先トントンをしてしまうと、どうしても靴の前に足が寄ってしまうので、かかとに隙間ができてしまいます。

ですので、「つま先トントン」がクセになってしまう前に、お子様には「かかとトントン」を習慣づけるようにしてあげましょう。

②かかとを合わせる

かかとの隙間

かかとをトントンすると、自然と足のかかとと靴のカウンター部分がしっかりと合わさります。

こうして、かかとを靴の一番固い部分とフィットさせるようにしましょう。

③マジックをしっかり締める

足のかかとがしっかりとカウンターに合ったら、「ギュー!!」っとマジックを引っ張って、靴を締めます。

マジックテープ

この時にリングが付いているタイプの靴の場合、マジックを上に引っ張れば靴が締まっていくのですが、そうではない場合は靴の履き口をギュっとつまんで寄せて、マジックをしっかりと締めるようにしましょう。

締め方が緩いと、せっかくかかとを合わせても靴の中で足が動き、「すり足」の状態で歩いたり、走ったりしてしまうことになるため、靴のつま先側がすり減っていきます。

もちろん、すり足になると、足上がりが悪い状態になるため足が遅くなる上に、走ったりする筋肉とは別の部分が発達してしまうため、靴を変えても足が遅いまま……という事になりかねません。

ですが、しっかりと靴が履けている子どもは、かかとから着地して、つま先でしっかりと蹴り出せるので、かかとの方が先に減っていくのです。

正しい履き方を習慣にさせましょう!!

  1. かかとトントン
  2. かかとを合わせて
  3. マジックをギュ

これが正しい靴の履き方の合言葉。

省略して「かかとトントン……ギュ」と親御さんが言いながら、初めの内はお子様の靴の履き方を見てあげましょう。

足の速い子どもは靴を履くたびにこの正しい履き方をしています。

一度習慣になってしまえば、寝る前に歯磨きをするのが当たり前になるように、靴を履く時に正しく履けるようになりますので、歯の磨き方を教えるように、靴の正しい履き方を習慣づけさせるようにしましょう!!

靴の履き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。