土踏まずがありすぎても良くない!?【親子で納得足育知識】

5/25アイキャッチ

土踏まずはありすぎてもダメって本当!?

“6歳までに土踏まずをつくろう”といつもお話しをしていますが、土踏まずは無くてもダメ、そして、ありすぎでもダメだって知っていましたか?

「無い状態がよくないというのは判るけど、そもそもありすぎって?」

と思われる方も多いでしょう。

それでは、ありすぎる状態とはどういうことか、順を追って説明しましょう。

土踏まずがありすぎるってどういうこと?

芝生と子ども

子どもの足にインクを付けて紙の上に乗ってもらったり、大きな朱肉のようなものの上に紙を乗せて、その上に乗って足の『圧』がかかっている部分を割り出すのがフットプリント。

今回も実際のフットプリントを用いて説明いたします。

まずは、下の写真をご覧ください。

ハイアーチ

こちらのフットプリントは、「ハイアーチ」という土踏まずがありすぎて“良くない足の状態”のものです。

土踏まずを形成している内側アーチがとても高く、甲高と呼ばれることもあります。

ハイアーチは、踵と前足部に集中的な圧がかかるので、大きなタコや、固い角質ができやすいのです。

そして、アーチの柔軟性が不足している状態ですので、土踏まず本来の「衝撃吸収」「バランスをとること」などがうまくできず、とても疲れやすかったり、足がつったりしやすいのです。

ハイアーチの症状が悪化すると、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)を発症し痛みを伴うので、放置はとても危険です。

ハイアーチになりやすい人の特徴

ハイヒール

ハイアーチは、先天的なもの・後天的なものがあります。

先天的なものは、両親のどちらかがハイアーチだと、お子さんもハイアーチになりやすいと言われています。

また、男性は女性よりも筋肉や靱帯が強いことが多いので、ハイアーチになりやすい傾向があります。

後天的なものは、前に滑りやすい樹脂系のサンダルや、鼻緒のついた草履、ハイヒールなどを長時間履くことにより、常に前滑りが起き、つま先立ちをしている状態・足が前に滑らないよう固めて止めている状態になります。

これによって、足裏などの筋肉のバランスが悪くなり、ハイアーチになると言われています。

最初に紹介したフットプリントの子どもは、足育の園での定期的なフットプリントですぐにハイアーチであることがわかりましたので、足育先生からのアドバイスで、改善されています。

足育の園では、こういった足のトラブルにすぐ対応できるので安心ですね。

 

この記事を読んで「私のことかも!!」と思ったら、疲れや痛みを我慢せず、足育先生に相談してくださいね。

健康な足作りを一緒にしていきましょう!

 

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生は講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

5/25アイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。