幼児の靴選び『プロ』はこうする!!【親子で納得足育知識】

一大事な幼児の靴選び 泣く前に速やかに測るプロの技をご紹介

小さなお子さんを連れてのお出かけ……。

突然のトイレタイムや理解不可能なタイミングでのギャン泣き……。

「ゆっくりご飯も食べられない!!」

「トイレすらままならない!!」

などなど、近年ではその肩身の狭さや不自由さなどからもお父さん、お母さんの嘆きの声がネットニュースやSNS、また育児雑誌などでも取り上げられています。

泣く子

当然、ご飯やトイレすらままならない幼児と、靴屋さんで足を測ってフィットする靴を探す……なんてこと、それは大変なことです。

ですが、靴のプロはそんな幼児の足の測定や靴選びを泣かせず、飽きさせず、ささっと終わらせるコツを知っているのです。

泣いて測れなくなる前に……

小さな子ども、赤ちゃんや幼児にとって「何をされるかわからない」という世界は、実は恐怖そのもの。

もちろん、相対的に女の子の方が早熟で、洋服選びはもちろん、靴選びも「かわいいね」「お姫様みたいに見える靴を探そうか」「〇〇ちゃんにしか履けない靴を探すんだよ~」などと言って、気持ちよく測定させてもらえることはあるのですが、やはりファーストシューズを履く1歳くらいの子どもにはそうした言葉も通じず、2人に1人は海老反って泣いてしまうことも……(苦笑)

ですが、ファーストシューズは足育の中でも最も大切な1足。

【0歳からの足育!?】理想的なファーストシューズのまとめ【親子で納得足育知識】

泣いて暴れて、大変だからと言って「じゃあもうこれでいい!」なんて適当に選んでしまうのはNG。

そんな時こそプロの出番です。

プロが測る時は……

プロが赤ちゃんの足を測る時は、まずはフットゲージで測ります。

そこでなかなか測ることができない赤ちゃんには下記の画像のような計測器を使って測るのですが、赤ちゃんにとっては「何をするの!?」と怖がってしまうことも。

赤ちゃんの計測

そうなると泣きだして大変なので、プロはまず「赤ちゃんとお友達になってから測る」ということと「泣き出す前にササッと測る」ということを心がけています。

「こんにちは~今日は足を見せてね~」なんて言いながら、ちょんちょんと足を触って、大丈夫そうなら計測器を見せて……と楽しく、お友達になれるような雰囲気を作って、赤ちゃんが安心して足を触らせてくれる状態になってくれるのがベスト。

ですが、そうもいかない場合は……そこはプロの技。

座った状態になると、足の甲が上がってしまい正しい寸法が測れなくなってしまうため、お母さんに抱っこしてもらい、さっと計測器を当てて、さっとサイズを測り、長年の経験と知識を元にどういったファーストシューズがベストかを把握して履かせて……と、赤ちゃんが「あれ? なにしているのかな?」と思っている間に事を済ませてしまうのです。

とはいえ、中にはもうお店に着く前からぐずってしまっていたり、どうにも嫌がって泣いてしまう子もいます。

そうした場合でも、お母さんお父さんは諦めず、店員さんにお任せしてファーストシューズを選んでしまった方が確実にかつ、楽に靴を見つけることができます。

「うちの子人見知りだから」「暴れて泣いてしまうから……」と遠慮したりせず、どんどんスタッフにお願いをして、正しい靴を選んでもらいましょう。

次回は……?

『日本だけかも、指定靴問題!?』についてお伝えします。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。