【なるほど!】日本と海外 足育の違いは骨格から!?【親子で納得足育知識】

骨盤

親子で知りたい足育の知識:風土?文化?根本的な骨格から異なる足育の違い

足育は、靴の歴史が長く足育に力を入れているドイツの教育を見本としています。

足育先生は何度もドイツへ足育の勉強をしに行き、ドイツと日本の違いをたくさん見てきました。

その中で、足育教育がここまで違う理由などを見つけてきましたので、今回は「へぇ~」となる、日本人と欧米人の違いをお話したいと思います。

骨盤が後傾しやすい日本人・骨盤が前傾しやすい欧米人

日本人は内股が多い……。

そうよく言われるのですが、これには根本的な理由があります。

日本人の文化を見てみると、着物を着て、刀を使っていた人種ですね。

侍

これは、なで肩、猫背でなければ使いにくいアイテムなのですが、そもそも猫背ということは、骨盤が後傾していないとできない体勢なのです。

武士に限らず、昔の田植えの浮世絵などを見てみると、しゃがんで田植えしているお日百姓さんが描かれていたり、薪を背中に背負っている絵があったりすることから、日本人は総じて骨盤が後傾する傾向にある人種だと言えるでしょう。

一方、欧米人はサーベルやフェンシングでもって戦い、コルセット付きのドレスを着ていた文化ですよね。

フェンシング

そのため、背筋がピンと反っているくらい伸びていないと構えにくいし、腰が沿っていないとコルセットを着用することができません。

つまり、欧米人は反り腰。骨盤が前傾している傾向にあるということなのです。

もちろん、昔の農家の絵を見ても、西洋の絵の登場人物は立った状態で前屈して田植えをし、腰が曲がりにくいので、物を運ぶときはターバンを巻いた頭の上に乗せていきますよね。

これはもう、生まれ持っての遺伝子の問題。

肌の色や目や髪の色が人種によって違うのと同じ問題ですので、仕方のないことなのですが、そうした骨盤が前傾している文化の履物を、骨盤が後傾している文化の日本人が使うのであれば、それなりに、長く靴を履いている文化から多くを学んだ方が早いということはわかりますよね?

西洋化する環境に合わせた生活を

多くの道がアスファルトで舗装され、移動は基本的に車。
仕事はほとんどが座り仕事。

オフィスワーク

文化が西洋の物となってしまっている現代、いつまでも草履と下駄の時のような生活をするわけにはいきません。

と言っても、遺伝的骨格という根本的な違いがある以上、日本人向けの足育が必要となってくるのです。

例えば、座る時は正座やお姫様座り、横座りではなく、あぐらで。

しかも、出来る限り骨盤を立てられるよう、足を前の方で組んだあぐらを。

そう言っても、日本人には深く座るあぐらがぴったりくるため、難しいことも……。

【なるほど!】座り方も大切!?足育に大切な座り方【親子で納得足育知識】

こうした座り方ひとつでも異なる問題を、解決できるよう、私たち足育の先駆者は頑張ってお伝えしていきたいと思っています!!

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

骨盤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。