洗った靴の乾かし方【親子で納得足育知識】

乾かし方

洗った靴はどうやって乾かせばいい?

足に合う良い靴は、お手頃な価格ではなかなか購入しにくいことも……。

良い足育の為に、いい靴を購入できたのなら、せっかくですし、良い状態で買い替えの時期までは履きたいですよね。

“靴は洗うと良くない”という方もいますが、足育先生は汚れた靴を履き続けるより、洗ってきれいな状態で履く方が足の環境に良いと考えます。

ただ、気を付けていただきたいのは洗った後の乾かし方。

今回は靴の乾かし方についてお話しします。

靴の中の環境を考えると洗った方がいい!

靴洗い

靴は水に濡れると型崩れしやすいので、洗わない方が良いという方もいます。

しかし、元気に遊んで帰ってきたお子さんの靴、砂や土で汚れていますよね。

靴下の汚れを見ると、靴の中の汚れも気になりますし、汗だっていっぱいかいているので、いくら乾燥させても、汚れが目立ってきてしまいます。

靴の中が蒸れることの怖さを知ろう【親子で納得足育知識】

足育先生は、靴を洗うことは、靴に悪いことだとは思っていません。

冒頭でもお話ししましたが、汚れたままの靴で毎日歩いたり走ったりする方が、足にはストレスとなり、足環境には良くないと考えています。

ただ、やはり靴を洗って気になるのは『型崩れ』ですね。

型崩れをしない為には、洗った後の脱水、そして干し方が重要なのです!!

靴の脱水・乾かし方

陰干し

まず、革靴は洗濯機では洗うことはできませんので、布製のスニーカー前提の話となりますが、洗濯機での脱水のやり方は、靴の中にタオルを詰めて脱水をしましょう

そうすることで靴の中に溜まる水も吸ってくれますし、脱水の際の型崩れを防いでくれます。

そして、外での靴の干し方にもポイントがあります。

早く乾いた方がいいだろうと、ついつい日当たりの良いところで一気に乾かしたくなりますが……。

直射日光は靴の接着材や、ゴムの劣化につながりますので、足育先生のオススメは“風通しの良い日陰”です。

そして、乾かしている間は新聞紙を丸めたものを靴の中に入れ、靴の形を整えましょう。

この一手間で、靴の型崩れは防止でき、靴の寿命も伸びます。

子ども靴は、3才未満の場合3ヶ月に1度、3才以上の場合半年に1度靴の見直し・買い替えが必要となりますので、その期間、靴が良い状態を保てるよう履き方・乾かし方を心がけることをオススメします。

 

正しい履き方、干し方をしていても、3ヶ月・半年ももたずに靴が傷んで履けなくなるようなら、それは元々傷みやすい弱い靴だと言えますので、次は傷みにくい良い靴を購入した方が足に良いですね。

足育先生は日本の靴に比べ耐久性がある、ヨーロッパの頑丈な素材を使った足育靴をオススメしています。

ヨーロッパのベビー靴や子ども靴を取り扱っているお店は少ないので、なかなか見つけにくいかと思いますが、やまごんでは様々なニーズにお応えできるよう、各種サイズも取り揃えております。

お探しの際は是非、足育先生へお声がけくださいね。

 

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生は講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の足の指を伸ばす子ども用5本指サポーターもオススメです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

乾かし方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。