足の爪の重要性【親子で納得足育知識】

足の爪の重要性

足の爪の切り方にも気を配ろう

爪の切り方を気にしたことはありますか?

見栄えの良い形になるよう、ネイルサロンに行ったりなど、ファッションとして爪の形を気にしたことはあるかもしれませんが、親御さんの爪ではなく、お子さんの爪の場合はどうでしょうか?

幼稚園・保育園・学校では、手の爪について「お友達に怪我をさせないように短くしてきてください」とか「爪の間にばい菌が入っちゃうので短くしましょう」等、お知らせがあったかと思います。

では、足の爪はどうでしょう。

短ければいいかなって思ったりしていませんか?

足の爪は足の力……強いては、足の速さにも直結する重要な部位なのです!!

正しい足の爪の切り方を知って、120%の足の力を出せるようにしていきましょう。

足の深爪

深爪NG

実は、足の深爪というのは、全国的にとても多いのです。

「短ければいい」と思って切ってしまうのかもしれませんが、足の深爪は絶対にダメ!!

足の深爪の場合、手の爪と違って、指先の皮膚がかなり余ります。

皮膚が余る

足育先生がみてきた子どもたちの中では、深爪が原因で、皮膚が5ミリくらい余っている子もいました。

余った皮膚の部分は爪の圧がかからない為に、皮膚部分は指が反り上がってきて、爪が埋まるようになります。

反ってくると、自然と指が浮いてきて、結果、浮き指を作ってしまうのです。

前回お話しましたが、浮き指になるとおこる弊害はとてもつらいものばかりです。

浮き指だと足が遅くなる理由【親子で納得足育知識】

2021.06.18

浮き指になる前に、まずは深爪をしないよう心がけましょう。

足の爪で変わる運動能力

踏み込む力

足の爪は、大きければ大きいほどパワーがでて、踏み込む力が強くなります。

踏み込む力が強くなるということは、蹴り出しの力が出るので、足が速くなります。

逆を言えば、足の深爪は、足が遅くなるということです。

深爪を繰り返し、浮き指になってしまったら、根本的に足の指に力が入らなくなってくるので、足が遅くなって当然ですよね。

プロのスポーツ選手は、爪の切り方ひとつで“足が速い・遅い” “力が出る出ない”に大きな影響があることを知っているので、こだわっている方がとても多いのです。

足の爪の切り方

爪の切り方

足の爪の正しい切り方は、皮膚の先端から2ミリ後退したぐらいに、四角く切ります。

爪を指の先端と同じ高さにして、横方向にまっすぐ切ると良いでしょう。

そして、爪の角を皮膚から出ないように、やすりで少し丸く削れば完成です。

両端を深く切り込みすぎないようにすることがとても大切です。

切り方

ただ、靴のマジックテープをきちんと締めないと、いくら正しい形に爪が切れていたとしても、足が前に滑って爪がぶつかり割れてしまいます。

よく足の爪が割れる子というのは、『靴のマジックテープをきちんと締めていない』子とも判断できます。

また、マジックテープを締めているのに足の爪が割れる子は、つま先を地面にトントンとぶつけている可能性が高いです。

つま先を地面にトントンするのが癖になってしまっているのかもしれません。

お父さんお母さんが早い段階で気づいてあげ、そういった癖は直してあげましょう。

 

足の爪はとても重要です。

理想的なフットプリントを作るためにも、成長過程で健康で良い形の爪を目指しましょう。

 

 

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生は講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の足の指を伸ばす子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

足の爪の重要性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。