足の幅が広い子どもの相談が多い理由【親子で納得足育知識】

アイキャッチ足の裏

足の幅が広い子どもの靴選びは大変!!

みなさん、ご自身の足の幅が、広いか狭いかわかりますか?

「う~ん普通……じゃないかな……」
そう思って隣を見ると、実は結構広い様に感じたり……と、自分の足を中心に考えてしまいがちですが、足の幅は人それぞれです。

今回は前後の長さだけでなく、足の幅に着目し、“足の幅が広い”お子さんの悩みについてお話させていただきます。

ヨーロッパ・ドイツの子ども靴の規格

木型

子どもの足に対して熱心なドイツでは、「靴は足を守るもの」と考えられ、ひとり30分〜1時間かけて本気の靴選びをすると言われています。

また、靴の各サイズに対して「Schmal(シュマール・細幅)」「Mittel(ミッテル・中間幅)」「Welt(ヴァイト・広幅)」の3種類の靴の幅から選ぶことができる「WMS」という子ども靴の規格があり、幅だけでなく、踵の幅、つま先の高さ、つま先の長さ、ボールジョイントの位置なども規定されています。

この細かな規格のおかげで、ドイツの子どもたちは、自分の足の形に合う靴を選ぶことができ、フィット感が全然違ってくるのです。

それだけ靴選びに真剣ですし、フィッティングがとても重要だということがわかりますね。

幅の広い子どもの足の相談

足の裏

WMS規格があるドイツと違い、日本では、靴の幅を選ぶ仕組みがまだありません。

幅の広い子どもは、幅の広いメーカーの作っている木型の靴を選ぶことしかできないのです。

そうすると必然的に増えてくるのが、幅の広い子どもの『足の相談』です。

足育先生®もオンラインで相談を受けていますが、幅の広い子どもの相談がとても多く感じられます。

「自分の足の幅に合わない靴を履き続けてしまった為、足が変形してしまった」

「幅の広い足にどの靴を合わせればいいのですか?」

といった相談・質問が中心です。

それだけ幅の広い子どもの靴選びは大変だということです。

 

子どもの足は靴の影響を受けやすい…日本でも足の前後のサイズだけの計測だけでなく、足囲や足幅を測ってもらえる店舗はたくさんあります。

“フィッティングしないでネット購入”などはせず、足を測ってもらえる店舗へお子さんと一緒に行き、計測・フィッティングをして、足に合う靴を購入しましょう。

 

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生は講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

アイキャッチ足の裏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。