靴はファッションではなく“足の健康を守る”という認識【親子で納得足育知識】

アイキャッチ画像

靴選びは“足の健康を守る”という考えがベースであるべき

“オシャレは我慢”なんて言葉がありますよね。

ちょっと寒くても季節を先取りして薄着をしてみたり、逆に暑くてもモコモコの洋服を着てみたり。

オシャレに見せたくて、着心地が悪くても我慢してしまう。

 

ひょっとして……

足が痛くても高いヒールを履いたり、サイズがあっていないガバガバの靴、あるいはキツキツの靴を履いて歩いていませんか?

実はこれ、将来の自分を苦しめる危険な行為なのです。

靴はファッションという日本独自の考え方

ファッションとしての靴

 

確かに、着こなしの中の靴の立ち位置は重要です。

“オシャレは足元から”と言われるくらい、どんなに綺麗な洋服を着ていても、靴が汚れていたら台無し。

しかし、本来の靴の役割は“足の健康を守るもの”です。

その本来の役割である基本を忘れ、靴を大半の人がファッションとして捉えてしまうのは、日本独自と言っても過言ではありません。

確かにファッション雑誌には「靴は足を守るもので~」などと書くワケもないし、親からこのようなことを聞いたことも、学校の授業で習ったこともないかもしれません。

靴の歴史が日本の10倍以上もあると言われるヨーロッパ ドイツでは、昔から靴は“足の健康を守るもの”として考えられ、子どもたちへの足育も徹底しています。

その上でオシャレを取り入れていますので、靴選びの基準が日本とは違っているのです。

足の健康を守るために、足の形に合う靴を履き、その上で、オシャレを楽しんでいただく……それが理想ではないでしょうか?

日本にも“靴は足の健康を守るもの”という共通認識が早く広まって、足の健康を維持していけたらいいですね。

 成長期の子どもには一番重要な靴選び

成長期の子どもの足

“足の形に合っている靴を履くこと”これが成長期のお子さんには特に重要です。

なぜ重要かと言うと、寿命が90年もあると考えると、子どもの頃足の形に合わない靴を履いていた場合、変形がおきて、将来……30歳40歳……80歳になるにつれ、問題が大きくなってしまうからです。

例えば、外反母趾。

外反母趾とは、足の親指が小指の方へ曲がる足の変形のこと。

外反母趾

自分の足の形に合わない靴を履き続けて歩くことにより、足のアーチの形が崩れ、外反母趾は進行していきます。

痛みも伴いますので、とても辛い足の変形症状です。

もう元の健康な足の形に戻れないほどの変形が起こると、どうなるか……?

足裏全体で立てなくなり、立つことも、歩く事も、少しずつ困難になってしまいます!!

子どもの頃から靴に気をつけて生活をしていれば防ぐことができる変形が、日本独自の“靴はファッション”という考えで発症させてしまう可能性があります。

 

長い人生において大事な足。
お父さん・お母さんの選択で、お子さんの将来の足の変形を防げるよう、是非、もう一度靴選びについて考えていただけたらと思います。

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生は講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

アイキャッチ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。