ローファーを調節で履きやすくする方法 【親子で納得足育知識】

ローファー

安めのローファーでも調整して履きやすくする方法

ローファーは日本の物のほとんどが、かかとが広く、横幅も大きく、甲の部分も高くてとても脱げやすく、長時間履いていると疲れる作りになっています。

そのため、足にはとても良くないため、ドイツのローファーを買うのがベスト……とお伝えしたいのです……が!!

厳しい事に、ドイツのローファーは大体1足2万円近くしてしまい…修理もできるので3年間履くと考えると経済的ではあるのですが…入学時に制服や教科書などを購入したらすぐには買える金額とは言いにくいものです。

ですので今回は、例えば3~5 千円の靴であっても、足が痛くなったり、脱げたりせずに履けるような調節ができる方法をお伝えしたいと思います。

調整パットやザラザラの布で調節

ローファーの調整は基本的に調整パットで調整していきます。

調整剤

この調整パットはドラッグストアなどで売っていますので、それを入れてその上にインソールを入れて靴の中の高さを調節します。

そしてできたら、かかと部分にザラザラな布(かかと調整)などを入れて、脱げにくくする等をするとかなり楽に履けるようになるでしょう。

ただし!!

靴のことにあまり詳しくない人は、なんとなく調整パットを入れてみるだけ……になってしまうかと思います。

しかし、人間の足というのは米粒1粒でも踏んだらわかる程、実は繊細。
(もちろん、慣れるのも早いため、痛みになれて足が変形してしまうのですが……)

適当に入れてズレてしまうと逆に痛くなることもあります。

ですので、調整する際はプロにお願いするのがベストなのです。

プロに任せるのがベスト

インソール

足育先生Ⓡのお店では、1.5mm、2.0mm、2.5mm、3.5mm、5.5mmと、5種類の調整パットを使い分けて、細かくフィッティングしていきます。
(普通のお店では大体2種類くらい)

ですが、その子に応じて5種類の調整パットを使い分けてフィッティングして、滑り止めなどをつけて、細かく調整すると、しっかりとフィットするローファーになるため、自分で調節するのとは大違いの履き心地になります。

フィッティングになるため、オンラインカウンセリングでは難しい部分もありますが、足育先生Ⓡのお店が近くにある方はぜひ実店舗に。

もし、ない場合はバチェラーやマスタークラスのシューフィッターのいるお店へ行って、調節してもらうと、3年間の通学時の足の痛みや、足の変形の不安から解放される事でしょう。

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生Ⓡは講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

ローファー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。