足の成長停滞期『3歳未満』の子どもの場合……?【親子で納得足育知識】

身長

足にもある成長の停滞期 ちょっと特別な3歳未満の子どもの話

以前「足にも成長の停滞期がある」とお伝えしましたが……。

足の成長にも停滞期ってあるの!?【親子で納得足育知識】

2021.02.09

これは3~6歳の、大体半年毎に靴を交換する必要のある年頃の子どもでのお話。

3歳未満の子どもの場合、成長が早いため靴の交換は3ヶ月に一度をオススメしています。

3歳未満の子どもの停滞期はこう対応できる

子どもの足の成長が止まっているように感じる時は、単純にたまたま停滞していることもあるのですが、土踏まずが形成されて、足が弧を描いたために長さが伸びていないように見えるということがあります。

ですので、親指の爪が当たったり、半年も経った靴は歪んでいたりするので交換する必要があるのですが、3歳未満の子どもの場合、様子を見ることができます。

様子見

足育先生Ⓡのお店では、3ヶ月に1度の交換がオススメの年齢でも、ほとんどサイズが変わらない子どもの場合、1~2ヶ月様子を見てもらうことがあります。遠方から来ている方の場合、ワンサイズ大きい靴を購入してもらい、次のサイズに履き替える際のタイミングをお伝えすることもあります。

履き替えのタイミングのチェックの仕方ですが、中敷きの上にかかとを合わせて足を乗せてもらい、指先と中敷きの先が指1本分の隙間があるかどうかを確認し、残り5ミリと狭くなっているようでしたら、次のサイズの靴に替えるようにしましょう。

靴のサイズ

なお、一部メーカーの靴は、かかとのカーブが強く、足を中敷きに乗せると足指が前に出てしまう事もあり、しっかりとサイズ感が測れない場合があります。

ですので、中敷きで確認した後はもう一度、靴を履いてもらって、かかとをトントンしてマジックを止めた後、指でつま先を触って、しっかりと余裕があるかを確認してあげてみましょう。

急に伸びる場合もあるので……

とはいえ!!

子どもは突然大きく成長する場合もあり、身長が伸びると足も当然大きくなるのですが、1ヶ月で1センチも伸びた子も結構見かけることがあります。

そうなると3ヶ月待たずに靴がきつくなってしまって、来店する方もいらっしゃいます。

また、先に子どもさんが足に違和感を覚え、抱っこをせがむようになったり、夜泣きをするようになって、お母さんが「あれ?」と気がつくケースもあります。

ですので、1ヶ月で身長がグーンと伸びた場合は「あ、足も大きくなったな」と思ってもらい、3ヶ月待たずに靴屋さんへ行くことをオススメします。

身長

このように、突然グーンと伸びることもあれば、成長が急に止まって見える事もあります。

足育先生

ずっと成長し続けたら、この世の人間はみんな身長2メートルを超えてしまいますからね(笑)

靴のサイズを変えなくても大丈夫なくらい足の成長が感じられない時があったとしても、それはそれで安心して、また足育のために癖のない靴を購入してあげるようにしましょう。

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生は講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

身長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。