履き癖の確認方法とは?【親子で納得足育知識】

履き癖

とっても簡単な『履き癖』の確認方法を知ろう!!

前回「靴のお下がりはやめましょう」というお話しをしました。

靴のお下がりがNGな納得の理由とは?【親子で納得足育知識】

2021.01.22

特に日本の靴は軽さ重視、履きやすさ重視でとても癖がつきやすいので、たった1時間履いただけの靴でもお下がりなどは避けたほうがよいのですが、そんな履き癖。

一体自分はどんな履き癖があるのか?

自分の子どもはどんな履き癖があるのか?

ちょっと気になりませんか?

今回はそんな『履き癖の確認方法』をお伝えします。

とても簡単な履き癖の確認方法

確認方法自体はとても簡単。

靴のかかと部分を持ち、大体10センチ位の高さから、トーンと靴を落としてみましょう。

もし靴が内側に向いて落ちたら……その子は内股の癖がある。

もし靴が外側に向いて落ちたら……その子は外股(ガニ股)の癖があります。

また、もし落ちた靴が倒れてしまったら……。

実はちょっとこれは問題あり。

靴が倒れるということは、靴にねじれの癖がついてしまったということ。

ということは、歩き方自体にかなりの強い癖、ねじれの癖が出てしまっているということがわかります。

もちろん、内股・外股の状態でもできる限り靴やインソールなどを調節して、修正していくのがベストなのですが、靴が倒れるほどの癖のつく状態というのは良くない状態ですので、早急に靴の専門家などに相談し、インソールなどを利用して理想的な歩行ができるようにしていきましょう。

もし、ちょっとやり方わかりにくい……という方は、こちらの足育先生が説明している動画を見て、親子で足の癖をチェックしてみてください!!

赤ちゃんでも履き癖が!?

赤ちゃんの足

こんな風に、靴の形を変えるほど人間の履き癖というのは強いものなのですが、実は赤ちゃんの靴に履き癖が出ることも。

とはいえ、1歳以内なら歩いているわけではないので、そんなに大きく出るわけではないのですが、それでも少しは動きますので、上から靴を落とした時に「あれ? 癖が出てますね」というくらいは動きます。

ですので、どうしても景気が悪くなるとお下がりが盛んに行われるようになりますが、服とは異なり、靴はその子の一生の足、ひいては一生を左右してしまうかもしれないアイテムですので、お下がりはやめて、幼児は3ヶ月、3歳以降は半年毎に靴の交換をおこなっていくようにしましょう!!

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生は講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

履き癖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。