そもそも『靴の役目』って一体なんだろう?【親子で納得足育知識】

奥が深い!! 親子で考えたい『本来の靴の役目』について

突然ですが、皆さん!!

靴の役目……ってなんだと思いますか?

  • 道路を歩くと痛いから足の裏を保護するためにある
  • 社会的な見た目を保つのに使う
  • おしゃれのために
  • 走るために……

きっと色々なご意見があるかと思いますが、一言でいうと靴の役目は『足を保護する存在』なのです。

靴の役目を考えると……

ランニング

靴というのは先ほどもお伝えしたとおり、『足を保護するための存在』。

素足で歩いたら10分と待たずに血だらけになってしまうであろう、アスファルトの上でも、靴を履けばずっと長く歩けます。

芝生の上だったとしても全力で走るなら、素足より靴を履いた方がずっと衝撃も弱まり、より速く走れますよね。

また、扁平足ならインソールを入れて、足の状態をより良くする役目を果たすのも靴。

つまり、靴は足のためにあるというのは間違いないでしょう。

ですが、最近では合わない靴を履いて、浮き指になったり外反母趾になったりする人がとても多くなっています。

それは本末転倒。

靴のせいで足が変形するなどあってはいけないのです。

そうした、「足を保護するという本来の役目通り」に「自分に合った靴を」選んでくれるのが、街の靴屋さんなのですが、残念ながら日本ではそうした靴屋さんはとても少ないのです。

靴屋さんの役目とは……?

靴屋

本来靴屋さんはその人に最適なサイズや形、機能を備えた靴を選ぶのが役目なのですが、チラリと街の靴屋さんに入ってみると、大抵はファッション重視であることがわかります。

もちろん、それには靴屋さんの抱える大きな問題があるのですが、それは次回お伝えしましょう。

それよりも、ファッション重視の靴屋さんで、ささっと相談することなく選んだ流行の靴が、しっかりと靴の役目を果たしてくれる……とは言い難く、足育先生としてはぜひ足の専門家のいる靴の専門店で、30~40分かけて靴を選んで欲しいと言いたいところ。

もちろん、多くの靴屋さんにも靴の勉強をしているスタッフさんはいるのですが、足や靴、さらには骨格や歩行などもみられる専門家がいるところはとても数少ないでしょう。

ですが、各県に1~2件位は、おそらく足と靴の勉強をした専門家のいる靴屋さんがあるはず。

そうした場合は予約制になっていたり、子どもの足をみるだけでも30分~1時間かけてくれるところがほとんどでしょう。

ですので、「なかなかよい靴屋さんが見つからないな~」と探している場合、「予約制」「時間がかかります」と謳っている靴屋さんはそうした専門家がいる可能性が高いので、敬遠せずに、ぜひ予約を取って行ってみてください!!

足育の全てはここにあり!? 足育先生の情報はこちらから

足育を日本中に広めるために足育先生は講演会やSNSで啓蒙しています。まだまだ足育を知らない親御さんは沢山います。是非子ども達の一生の足を守る為にも沢山のシェアといいねのご協力をお願いします。

いつか日本の文化に足育が広がり、親から子に足育を当たり前に伝える文化になる事を願っています。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

【足育先生プロフィールや活動・お店を知りたい方はこちらで!!】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。