日本と足育先進国との長靴の違い 【親子で納得足育知識】

ドイツ風景

日本は長靴も長靴の履き方もまだまだな部分がたくさん!!

おもてなし文化に、健康食とされる日本食文化、和の世界や数々の技術など、日本には誇るべき部分がたくあんあります。

同時に、日本は日本独自の文化を発展させてきた歴史が長く、少し保守的な部分もあったりします。

そのため、まだ日本に入ってきてそこまで歴史の長くない『靴文化』に対して、まだまだなところがあり、そうした面での問題を少しずつでも解決できればと私たちは足育先進国から足育を学び、日本に広げる手伝いをしています。

そんな足育先進国の一つであるドイツ。

元々靴の文化が長く、また、その勤勉で几帳面な国民性からか医学、とくに予防医学についての理解が深く、足の健康を守ることは体の健康を守ることという認識の元、幼少期の頃から足育をしっかりとと入りれ、小学校では靴についての授業があるほど!!

因みに、ドイツの靴博物館(!!)には2000年前の靴の展示がされていたりしますが、日本に靴が入ってきたのはおよそ150年ほど前のことですので、靴に対する知識や常識が異なるのも当然ですね。

これほどまでに足育知識があるドイツでは、長靴の履き方についても日本とは異なる常識を持っているのです。

子どもに履かせるなら長靴ではなく……?

冬のドイツ

ドイツは日本よりも北に位置し、北海道よりも実はさらに北。

夏は比較的過ごしやすく、エアコンを取り入れていないお家も多いくらいなのですが(そのせいで近年の猛暑で熱中死亡者数も増加するほど……)、冬は当然厳しく長く、日没も16時と早くに暗くなります。

また曇りや雪の日も多く、防寒は必須となりますが、そのような気候の元、子どもたちは長靴ではなくブーツを主に履かせています。

これは前回の『足育には長靴よりもブーツがおすすめ』という記事でしっかりと書いていますが、ブーツの方が指先を使ってしっかりと歩くことができ、また、マジックで留めることもできますので、防寒のために頻繁に長靴を履かせるならば、ブーツを履いていたほうがよいということなのです。

足育のことを考えて長靴は〇〇な方がいい!?【親子で納得足育知識】

2020.11.10

因みに、ドイツの冬は凍てつくような寒さで路面もアイスバーン状になることもしばしば。

そのため、長靴では足の裏がツルツルしてしまい歩くことができません。

底の厚いしっかりとしたブーツが好まれるのは、こうした気候も一因しています。

長靴を履く時もある

ドイツ

※自然と町が一体化しています※

ドイツは森や山に囲まれた土地が多く、春先の雪解けに伴い泥だらけになってしまうことも多々あります。

ですが、ドイツは環境意識がとても高く、幼稚園では雨でも雪の日でも、大嵐の日でもない限りは1日30分以上は外遊びをさせることを良しとしています。

これは『歩く』という足育を意識したものもあり、川や土など自然の物に触れる学びというものをとても重要視していることもあります。

そんな時に登場するのが『長靴』。

『どろんこズボン』という幼稚園児のマストアイテムをと共に、長靴を履いて雨の日など泥遊びをするのは、ドイツの幼稚園での恒例の光景。

関連記事⇒グローリア(泥んこズボンについて書かれています)

もちろん、泥んこ遊びを終えたら、その後は足育に良い運動靴を履いたり、寒い日はブーツを履かせたりと「シチュエーションによって靴を使い分ける」ということを、小さなうちから当たり前のようにしています。

ぜひ、日本でも『長靴は雨の日用』『寒い時はブーツ』という認識が広まってくれたらと思います。

次回は……?

次回も長靴のお話。

「長靴の時でも足育を心がけたい」「長靴でもとりあえずどうにかするには!?」といった、長靴を足育に良い状態に持っていくお話をお伝えします。
【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

ドイツ風景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。