足育のことを考えて長靴は〇〇な方がいい!?【親子で納得足育知識】

子どものブーツ

どうせ長靴を履くならば足育のことを考えたものをチョイスしよう

雨の日に長靴を履く子どもは多いかと思いますが、冬になると北国では寒さ対策、雪対策として当たり前のように長靴を履きます。

ですが、残念なことに子どもの足育にとって長くつは、良くない靴のひとつに入ってしまいます。

ですので、出来る限り雨の日、雪の日に限定して履くようにすることをおすすめしているのですが、やっぱり雪の日などは長期にわたって冬長靴を履く必要が出てきてしまいます。

そんな場合には、足育にとってまだ良いとされる、〇〇で出来たブーツをお勧めしているのですが、それはどのようなものかというと……。

ブーツという選択

子どもブーツ

※ブーツならおしゃれなものもたくさん!!※

「子どもブーツなんて履かせるの!?」と驚かれる親御さん世代もいるかもしれませんし、特におじいちゃんおばあちゃん世代になると、「子どもにブーツだなんて……」と眉をひそめる人も少なからずいるでしょう。

ですが、昔は大人の履きものだと思われていたブーツも、今では子ども用の物が売っており、長くつの代わりに選ぶこともできます。

しかし日本の子ども用のブーツの場合、下から3〜5 センチくらいまでしか防水になっていないパターンがほとんど。

この3〜5 センチの部分に防水の特殊なテープが張られており、水が入ってこない作りになっているのですが、残念なことにこの加工のせいで、どうしても足先部分が『シワ切れ』を起こしやすくなってしまいます。

人間はつま先部分を曲げて歩くのが普通なのですが、そこが何度も曲げ伸ばしするとどうしても長靴自体が傷んでシワ切れしてしまうため、この『シワ切れ』を防ぐっために靴底を固くして、つま先が曲がりにくい硬い作りになっているのです。

そのせいで、長靴やブーツを履くと、子どもは足指を使って歩くということができにくく、足育には不向き……とされているのです。

一方、少しお値段が高くなりますが、ゴアテックスという素材で出来たブーツの場合、靴の上の方までしっかりと防水加工されており、マジックで留められるようなデザインでできているものもたくさんあります。

ゴアテックス素材は強度があるため、ちゃんと蹴り出し位置で足先が曲がるように靴底が加工されており、子どもでもしっかりと足指を使って歩くことができるのです。

このブーツならば、すり足で歩くとこになりにくく、比較的長靴よりも安心して足育を考えて履く事ができます。

ゴアテックスのブーツが手に入らないときは……

ゴアテックスのブーツ

※ダブルマジックで安定感もあり、しかも中も暖かそうなブーツですよね!!※

足育にお勧めの長靴とはブーツ……という簡単な答えが出てきてしまいましたが、ブーツはブーツでも、蹴り出し位置がちゃんと曲がるように加工された、ゴアテックスのブーツで、かつ、マジックでしっかりと留めることができる物……という前提があります。

あまり日本では見かけないゴアテックスのブーツ。

足育先生のお店では、靴と足の先進国であるドイツなど、ヨーロッパから輸入したブーツを取り扱っていますので、「この辺では見かけない」「近くのお店では売っていない!」という場合は、雪が降り続ける季節になる前に、ぜひご相談ください。

次回は……?

次回も冬長靴のお話となりますが、足の先進国であるドイツと日本の長靴の感覚の違いについてお伝えします。

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

【足育先生監修の子ども用五本指サポーターもおすすめです!!】

Amazon子ども用CSソックス通販

子どものブーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。