【0歳からの足育!?】3歳時の逆履きに要注意!!【親子で納得足育知識】

逆履き

親子で知りたい足育の知識:成長過程の脚の変化を知っておこう

人間は生まれてハイハイから両手を大きく開いて歩けるようになり、段々と真っ直ぐに歩けるようになってくるのですが、その過程でO脚気味だったところから、3歳くらいでX脚となっていきます。

【0歳からの足育!?】変わっていく赤ちゃんの脚と歩行【親子で納得足育知識】

2020.07.07

これはもちろん自然現象(生理的現象)なため、あまり心配することはないのですが(但し、極度のX脚になっている場合は何らかの障害がある可能性があるため病院で相談することをオススメします)、X脚になることによって、少々困った問題が発生することがあります。

今回はそんな問題についてお伝えしたいと思います。

X脚は転びやすい!?

X脚になることによって一番生じやすい問題は、脚が内股になることによって転びやすくなる、ということです。

転ぶ

脚が自分の中心に向かって向いているため、自分の脚で自分の脚を引っかけやすくなってしまうということは恐らく想像に易いことでしょう。

もちろん、子どもの柔らかい脚でも内股になることで転びやすくなってしまうのですが、そこで更に転びやすくなることを解消しようと子どもは余計なことをしてしまいがちなのですが、余計なこととは――。

子どもの逆履きを防ごう

子どもというのは不思議なもので、X脚になって転びやすくなってくると、誰に言われたわけでもなく「靴を左右逆に履いたら転びにくくなる」ということを本能的に気がついて、実践してしまう傾向にあります。

逆履き

※これは逆履きをしてしまっているケース※

ですので、この年頃の靴の逆履きというのがとても増えるのですが、これをしてしまうと当然足の変形が起こります。

この年頃の靴の逆履きを防ぐために、しばしば幼稚園などでお母さんに、上履きにちゃんと履けると一つながりの絵になるものを描かせたりということもありますし、そうした左右逆に履かないように工夫を凝らした靴もたくさん売っています。

ですが、一番よいのは、その子の足に合った、しっかりと締められる靴を履かせること。
そうすると、X脚になっていたとしても躓(つまづ)かないで歩けるようになりますので、子どもが左右逆に履こうとしなくなるのです。

しっかりと合った靴を履けていると、6~7歳になるころには脚も真っ直ぐになり、綺麗な歩行ができるようになるので、子どもが靴を左右逆に履いてしまう……というお悩みの親御さんは、一度、靴の見直しをしてみることをおすすめします。

因みに……X脚が直らない子の特徴として、『お姫様座り(W座り)』をしてしまっていることが指摘されています。
座るときはしっかり床に足をつけた状態で椅子に座るか、あぐらをかいて座るようにしましょう♪

【なるほど!】座り方も大切!?足育に大切な座り方【親子で納得足育知識】

 

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

逆履き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。