【0歳からの足育!?】赤ちゃんの歪みを起こさないコツ【親子で納得足育知識】

赤ちゃん

親子で知りたい足育の知識:足育に気をつけたちょっとしたコツで赤ちゃんの歪みを防ぐことも

大きくなったらどうなるのか。

もちろん、いつまでも、健やかに健康でいてもらいたいと願うのは世の親の常でしょう。

その願いの一部をちょっとしたコツで叶えることができるとしたら……?

赤ちゃんの歪みを極力減らせる、ちょっとした足育のコツがあったんです!!

ベビーベッドは部屋の中央に

ベビーベッド

ベビーベッドって、どこに置いていますか?

実は、ベビーベッドを部屋の壁側につけているご家庭の赤ちゃんは、骨格が歪みやすい……という結果があるんです。

部屋の隅、壁につけた状態でベビーベッドを置いておくと、赤ちゃんはずっと同じ方向を向いている状態になりますし、お世話の際もいつも左、もしくはいつも右側からばかりからすることになるので、生まれた矢先に偏った状態が当たり前となってしまい、骨格が歪みやすくなってしまうのです。

ですので、できればベビーベッドは部屋の中央において、左側、右側どちらからも平等になるように向きを変えたり、手を差し伸べたりするようにしましょう。

足の裏をつけて哺乳

授乳

そして、そんな骨格に引き続き、歯並びや足感覚を育てられるのが、「足の裏をつけた状態で授乳」。

赤ちゃんを膝に抱っこしたら、足の裏をお母さんの腿などにしっかりつけて、縦方向の授乳をさせると安定し、顎などの歪みが減ると考えられています。

これは下記に通じる、「歯科矯正している子ほど、足の状態も悪いケースが多い」ということから「足を安定させて、乳幼児の内に顎や骨格を良い状態で保たせる」という考えなのです。

足はプラプラさせずに歯並びキレイに

離乳食

足が付いていない状態で授乳をさせる……。

つまり、足がプラプラしている状態で食事をとるというのは、足にとっても歯や顎にとっても歪みが生じやすい事なのです。

この足と歯(顎)が繋がっているという考えは、現代ではかなり通説となっていることで、歯医者さんはある意味フットケアセンターでもあるのです(笑)

ですので、卒乳後離乳食を食べさせてあげるときなど、椅子に座るようになったら足の裏がぴったり床や台につくように、高さを調節してあげたり、ダンボールを置くだけでも良いので、足がプラプラしないように気をつけてあげましょう。

ちゃぶ台で正座やあぐらをして固めのおかずとご飯を食べる習慣から、子どもにとっては背の高い椅子に座って柔らかめのおかずとご飯を食べる時代になり、どうしても子どもの骨格等が歪みやすくなっていますが……。

  • 足の裏をつける。
  • 部屋の中央で寝かす。

たったこの2つだけで、長い人生のよいスタートが切れるのです。

ぜひ、実行してみてください!!

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

赤ちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。