【0歳からの足育!?】ファーストシューズから異なるヨーロッパの靴【親子で納得足育知識】

外国の子ども

親子で知りたい足育の知識:足育先進国と日本の靴はファーストシューズから異なっていた!?

日本の足育はヨーロッパを見本としているということは、以前にもどこかの記事でお伝えしたかと思います。

靴文化の浅い、それでいてアスファルトが増えて下駄や草履では歩きにくくなってしまった日本は、靴文化が長く、足育がしっかりと根付いているヨーロッパから色々な知識を得る必要があるのですが、ファーストシューズ1つとっても、実は日本とヨーロッパでは大きく異なっていたのです。

今回はそんなヨーロッパの足育先進国ドイツと日本のファーストシューズの違いを見てみましょう。

ファーストシューズからずんぐりむっくりな日本の靴

まず、日本のファーストシューズを見てみましょう。

こちらが、当社で取り扱っているミドルカットのファーストシューズなのですが、どこかずんぐりむっくりした印象を受けないでしょうか?

これは日本の靴全体に言えることなのですが、日本ではあまり横幅というものを考えられていないのか、誰でも入る横幅の広めな靴が多く売られています。

大人用になるとEとか3Eなど、横幅広めのものもありますが、横幅細め……というものはめったに見られないのではないでしょうか?

そうなると、足幅が広い子はよいのですが、普通の子、狭い子は靴の縦幅がぴったりでも横がスカスカになってしまい、足が、特にカカトが靴の中で動いてしまい、しっかり固定されなくなってしまいます。

それを防ぐ為に、足育ではダブルマジックという2カ所をマジックテープで止められるものを推奨しているのですが、一方で足育先進国のドイツの靴はどうなのかというと……。

ファーストシューズから靴紐文化のドイツの靴

ドイツの靴

こちらがドイツのベビーシューズになりますが、日本のものと違って、スタイリッシュ……すっきりしているのではないでしょうか?

どちらかと言うと大人のデザインに近いようなベビーシューズに驚かれるかと思いますが、何よりベビーシューズ……乳幼児が履く靴なのに『紐靴』ということが一番驚かれるポイントでしょう。

これは、ドイツは「赤ちゃんの足は柔らかくてグラグラしているので、固定させて歩行を安定させなくてはいけない」ということが根付いているため、紐をしっかりと締めて足を支えるようにしているのです。

とはいえ……最新事情にはなりますが、ドイツでも最近の若い親世代は手軽さを優先してダブルマジックに移行してきている……という話もあります。

ですが、日本と異なり、一度靴を履いたら家に入っても脱ぐことのないヨーロッパでは、このように紐でしっかりと足と靴をフィットさせているのです。

また、日本の靴と異なり、ドイツの靴はタイトな作りをしていため、カカトがしっかりとフィットしてグラグラする足を固定しやすいという利点もあります。

比較

※左)ドイツの靴 右)日本の靴※

ですので、やまごんでは「うちの子どもは歩くときに揺れるんです」とご相談がきた場合、ヨーロッパのベビーシューズをオススメすることがあります。

そうすると、今まで靴の中で足が安定しておらず、揺れるように歩いていた子が、まるで大人のようにしっかりと歩けるケースが多いのです。

ヨーロッパの靴、特にベビーシューズは中々取り扱っている店舗が少ないかもしれませんが、靴のやまごんではできる限り赤ちゃんの色々な足のサイズのニーズに応えられるよう取りそろえておりますので、遠方の方でもオンラインカウンセリングなどを受け、サイズを換算してご相談いただければと思います。

 

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育オンラインカウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

外国の子ども

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。