【なるほど!】ハンマートウ(かがみ指)ってどんな状態?【親子で納得足育知識】

足が痛い

親子で知りたい足育の知識:ハンマートウ(かがみ指)って一体なんだろう

聞き慣れない言葉かと思いますが、扁平足やもやし指のように足の(あまり良くない)状態を示す症状の一つに『ハンマートウ』というものがあります。

ハンマー=金槌

トウ=指

で、「金づち指?」と連想できるかと思いますが、その通り!!

ハンマートウとは『かがみ指』とも呼ばれ、足の指の形が『かぎ爪』のような、『Z字型』に曲がってしまった状態のことを言います。

骨盤の歪みから日本人には少なく、欧米人に多くみられる症状だったのですが、近年では車社会となり、歩行数の減少から足が弱くなりたっため靴の影響に足が耐えれなくなり、足育の知識不足も相まって、日本人にもしばしば見られるようになりました。

今回は、そんなハンマートウについてお話します

ハンマートウには3つの種類があります

ハンマートウには3つの種類があります。

①ハンマートウ

足指の中心の関節(基節骨と中節骨の間の関節)でグッと折れ曲がってしまい、足指がハンマーのような形になってしまっている状態。

ハンマートウ

②クロウトウ(かぎづめゆび)

上記のハンマートゥーよりもさらにギュっと折れ曲がり、爪のすぐ後ろの関節まで内側に折れてしまって、まるで猫のかぎ爪のようになってしまっている状態です。

クロウトウ

③マレットトウ

足の指先の関節だけが少し曲がってしまっている状態で、マレットトウは中々病的で少なく、ハンマートウとクロウトウの軽度の方は多いですマレットトウ

ハンマートウになるとどんな悪影響が?

足の指は手の指ほど目立たず、普段そのありがたみを感じることが少ないかもしれませんが、二足歩行で歩く人間にとって、実はとても、とても、重要な箇所です。

指がかぎ型の状態のまま歩いていると、当然、足の裏に力を加えることができず、早く走ったり、高く跳んだり、素早く動いたり……といった運動能力が落ちます。

また、長距離を歩く事も難しくなる上に、足指を含めた足裏全体でのバランスが保てないのでカカト重心となり、膝・腰・首などに負担がきて腰痛や首痛の元になったり、猫背になったりと、身体的な問題にも発展することも。

もちろん、足の指の関節部分が正常な状態よりも高い位置にくるため、通常摩擦が起こらない部位に摩擦が起こり、足の指の上側にウオノメやタコができたり、酷いと潰瘍になってしまう場合もあります。

さらに! 常に足先が緊張状態となって、イライラしたりという精神的な負担もあるんです。

特に、長さの関係上、足の人差し指が最もハンマートウになりやすいのですが、余りに酷い場合は手術となるケースもあるそうですので、無視できない問題なのです。

ハンマートウの原因とは?

ハンマートウになる原因は実は複数あります。

  1. 足の指が異常に長い
  2. 足の向きが悪い
  3. 足に合わない靴を履いている
  4. 関節リウマチ
  5. 糖尿病

等など。

このように、いくつか原因はあるのですが、1~3に関しては、『靴を自分の足に合った、正しい物を履く』というだけで劇的に改善されます。

特に、幼少期に『すぐ大きくなるから』とキツイ靴、逆にブカブカの靴を履かせてしまうと、靴のつま先に指が当たってギュっとなってしまったり、緩い靴をがずれないようにと体が勝手に指をギュっと縮めてしまい、ハンマートウにさせてしまうケースが多々あります。

ハンマートウにならないために

ハンマートウになってしまった場合、リウマチや糖尿病などの病的要因の場合は、医師と相談ししっかり治療していくしかありません。

ですが、それ以外の『合わない靴を履いている』『足指が長いといった骨格的な問題』である場合は、①インソールを着用する、②足に合う靴を履く……というような、簡単なことで対処できることがほとんど。

つまり、子どものころから、正しい靴を正しい履き方で履けていれば、子どもがハンマートウになる可能性は非常に低くなるのです。

それに「しっかりと靴を合わせているのに、ハンマートウになった!?」という場合は、他の原因を疑うこともできるため、見分けがつきやすくなるかもしれません。

このブログでも「正しい靴選び」といった内容や、「靴の正しい履き方」などの記事を載せていますので、ぜひ参考にして、ハンマートウにならないようにしましょう!!

靴環境を整えることが何よりも大切だった!?①【足育のためにできることシリーズ】

 

【足育オンラインカウンセリング情報】

カウンセリング入口

足育先生の「足育カウンセリング」が全国どこでも受けることができます!

【やり方についてはこちらから】

足育先生オンラインサロン……始まりました!!

【ぜひ受けて欲しいお悩みについてはこちらから】

足育オンラインサロン『こんな悩みがある方こそおすすめ』

【オンラインカウンセリングを受けていただいた方のご感想はこちらから】

「足育先生オンラインカウンセリング」を受けられた感想をいただきました!

足が痛い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。