【なるほど!】ウオノメやタコっていったいなに?【親子で納得足育知識】

親子で知りたい足育の知識:ウオノメやタコってなんでできるの?

いた~いウオノメや、カッチカチに皮膚が固まった(角質ができた)タコ。

まだ小さな子どものうちは体験したことのある子のほうが少ないかと思いますが、大人になると一生の間に1回くらいは経験したことはあるかもしれません。

特にスポーツをしていたり、ハイヒールやビジネスシューズなどを日常的に履く人は、タコからウオノメに発展して、痛くて何らかの処置をした経験がある人も多くいるのではないでしょうか。

そんなウオノメやタコって……何でできてしまうのでしょうか?

刺激が一番の悪因だった!?

まず、タコができてしまう原因って何だと思いますか?

一言でいうと……『摩擦』が原因です。

靴の中で足がズルズルと動いてしまうと、熱や摩擦が生まれてしまいます。

そうすると、体が自分を守るために皮膚を固くしようとします、それが『角質』というもの。

つまり防御反応なんですね。

なので、タコができている場所は一番摩擦が起きてストレスがかかっている場所なのです。

そして、すでに皮膚が「ここに必要以上の刺激が加わってますよ」と教えているにも関わらず、どんどん摩擦を繰り返していると、あの痛い『ウオノメ』になってしまうんです。

水ぶくれ

※ひどいと水ぶくれになってしまうことも※

ウオノメが痛い理由

ウオノメは、中心に魚の目のような角質の芯ができていることからそう呼ばれていますが、医学的には『鶏眼』と呼ばれています。

一定以上の刺激が続き、角質がどんどん米粒のように厚く芯化していき、真皮に向かってくさび上に食い込んでいくので、痛くなってしまうのです。

魚の目

そうなってくると、足の裏が痛くなってしまうので、本来踏まないといけない場所に力を入れることができないため、歩行にも支障が出てきてしまいます。

そして、膝や腰、股関節に負担がかかり、悪くなってしまうのです。

子どもの間は、皮膚も柔らかく、体重も軽いためウオノメにまで行くことはあまりないのですが、タコができるような状態であったら……すぐに、靴や歩行の見直しをするようにしましょう!!

子どもの場合は角質でタコになっているというよりも、合わない靴などで足と靴で摩擦が起こり、ガサガサになってしまっているケースがほとんどなのです。

なにが悪くて、子どもの足に問題が出ているかわからない場合は、足育先生のような靴の専門家のいる靴屋さんなどに相談したり、オンラインで足の相談をしてみると良いでしょう。

■靴のやまごん公式サイト■

ウオノメやタコに悩まされない習慣を作るために

マジックでしっかり止められる靴を選ぶ

仕上げはマジック2本絞めでガッチリ【靴で変わる運動能力シリーズ】

足にあった靴を選ぶ

親御さんの「指1本」は子どもの靴選びの定規だった【靴で変わる運動能力シリーズ】

正しい靴の履き方を覚える

正しい靴の履き方で靴の効果を倍増させよう【靴で変わる運動能力シリーズ】

足裏マッサージをする

 

こうしたことは小さな時からの習慣づけが大切です。

大人になってタコやウオノメになって、膝や腰を痛めないようにするためにも、ぜひ、今から一緒に足育をおこなうようにしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。