足育先生のススメ 好評連載-第35回-

子どもと一緒に毎日「年齢×1㎞」歩いていますか?

子育てフリーマガジン「はっぴーママ」で好評連載中の足育先生のススメ
「第35回目」

 

今回のはっぴーママは、6歳までの子どもを持つお父さん・お母さんに知ってほしい、「子どもを歩かせるために必要なこと」のお話です。

 

現代は、6歳の子どもの2人に1人は、土踏まずができていないといわれています。

これは、車社会により、子どもの歩行量が減少していることや、子どもの足に合わない靴を選んでしまったことによって、すぐに足が疲れてしまい、歩きたがらなくなってしまったという原因があるためです。

しかし、子どもの歩行量が減少している原因は、これだけではありません。

それはなにかというと……。

そもそも、お父さん・お母さん(大人)たくさん歩ける靴を持っていないために、子どもと一緒に歩いてもすぐに疲れてしまい、その結果、歩く機会が少なくなってしまうということだったのです……!

正しい足骨格基礎形成のためには、正しい歩き方で「年齢×1km」以上を歩くことが大切だとお伝えしていますが、

子どもが一人だけで歩けるはずもなく、必ずお母さん、お父さんなど大人と一緒に歩かなければいけません。

しかし、大人が疲れる靴を履いていると歩くのが億劫になり、結果として子どもも歩かなくなってしまうのです。

子どもを歩かせるために必要なこととは?

子どもの体のベースをつくる「歩行」は、とても重要な行動。

なぜなら、足の基礎ができる3歳~6歳の時期にたくさん歩くことで、土踏まずが形成されるからです。

子どもの大切な体づくりには、お父さん・お母さんのサポートが必要です。

ですので、子どもをたくさん歩かせるために、お母さん、お父さんも 正しい靴を履いて一緒に歩きましょう!

今回のはっぴーママの見どころは……

  • お父さん・お母さんも正しい靴選びをしよう
  • 正しい靴の履き方をする重要性

など、情報満載でお届けいたします(^o^)

ぜひ、ご覧ください!

スマホで詳細を確認したい方はコチラをクリックしてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です