3月29日 足育講座「100歳まで歩ける足づくり」お礼と感想

2017年3月29日に足育講座「100歳まで歩ける足づくり」を開催しました。

30名ほどの方に参加していただきました。
まずは参加してくださった方にお礼を申し上げます。
そして登壇していただいた方々、またお手伝い頂いたスタッフの皆様方、本当にありがとうございました。

履いて来た靴を持って会場に入るよう言われ、不思議な顔の参加者様。
靴のかかとの減りから見る体のトラブルには大変驚かれ、真剣な中にも和気あいあいとした雰囲気の中でみなさんしっかりと学ばれていました。
中にはこの日を楽しみにしてきたんです、と、事前に足育先生のサイトで予習までしてきた方もおられ、とても嬉しく思いました。

関心があるということはそれだけ悩んでおられる方もたくさんいらっしゃるということで、ますます足育の大切さを感じた講演会でした。
講演会を主催してくださった関係者の皆様方にお礼申し上げるとともに、今後もお悩みから解放されるお手伝いを続けていきたいと思います。

★足育とは
足は全身を支える土台であり、身体全体の健康に大きな影響を与えています。
足育とは、足、足の指、爪、さらに靴の選び方・履き方を含め正しい知識を得て、理想的な足を育てることを言います。

——————————————————————————————
演題:足育講座「100歳まで歩ける足づくり」
日時:2017.3.29(水) 10:00〜11:30
会場:新潟市西区寺尾 道場山穂波の里 詳しい場所はコチラ
参加者:27名

——————————————————————————————

★皆様にお願いです
足育活動を通して、日本の子どもたちから全ての人たちに足育の大切さを伝えていきたいと考えています。
そして、その活動を支えていただける方々に、足育講演会を開催する為のご協力をぜひお願いいたします。
講演会は無料で行なっております(交通費のみいただきます)
講演会開催のお問い合わせはこちらへ
靴のやまごん新潟西店
TEL025-378-8284

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

足育先生

足育とは・・・ 足は、体全体を支える土台となります。 (例)簡単に言うと家を建てる時に基礎工事をする様に土台を安定させることが最も重要である様に、足で体全体の健康に影響を与えています。 今回私、足育先生が伝えたい足育とは? 足+足指+爪、更に靴の履き方や紐の結び方の正しい知識を得て、理想的な足を育ててほしいという願いです。 食育が大切なように、足育もその後の人生を左右しかねない重要な課題なのです。 子供の足・足指の変形やトラブルが増えています。 子供のの足のトラブルを解決し、尚且つ、足育を広めることで子供の足のトラブルを予防し、100歳まで歩ける健康な身体づくりを進めていきます。